MENU

アスロングの効果は?成分から分析!

髪が早く伸びるシャンプー?と話題のアスロングには、どんな効果があるのでしょうか。成分から徹底分析してみました。

 

すると、アスロングの成分には、育毛剤にも使われている「キャピキシル」が配合されており、注目を浴びていることが分かりました。アスロングの詳細は下記からチェック!

 

初回60%OFFモニターキャンペーン中!

アスロングの公式サイトはこちら

 

アスロング

 

注目の成分「キャピキシル」とは?

 

アスロングに含まれる「キャピキシル」とはいったいどのような成分で、どんな効果が期待できるのでしょうか。

 

キャピキシルは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS(ルーカスマイヤーコスメティクス)という化粧品会社によって開発された天然由来の発毛成分です。その効果は、AGA治療に使われる医薬品「ミノキシジル」のおよそ3倍とも言われており、ミノキシジルにはない脱毛ホルモン還元酵素(5αリダクターゼ)を阻害する効果も注目されています。

 

キャピキシルは、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」という2つの成分から構成されています。

 

アカツメクサ花エキス

 

アカツメクサは、レッドクローバーとも呼ばれるマメ科の植物です。花のエキスには、「ビオカニンA」という成分が含まれており、薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを生成する、5αリダクターゼという酵素を阻害する働きがあります。

 

アセチルテトラペプチド-3

 

4つのアミノ酸から構成される成分で、高い細胞修復能力を持っています。その細胞修復効果は、火傷などの治療にも活用されており、頭皮に使うことによって、弱った毛母細胞を活性化することができます。

 

以上の成分が一緒になることで、発毛、育毛効果が期待できるキャピキシルになります。

 

リンゴ果実培養細胞エキスとは?

 

アスロングにはきれいな髪を保つために、「リンゴ果実培養細胞エキス」が配合されています。

 

この成分は、アップル幹細胞エキスとも呼ばれ、スイス産リンゴの「ウトビラー・スパトラウバー」の植物幹細胞を人工的に培養して抽出されたエキスです。ウトビラー・スパトラウバーは、強い抗酸化作用により、4か月腐らないリンゴとして注目され、「ホンマでっか!?TV」でも紹介されるなど話題になっています。

 

このエキスに含まれる幹細胞は、髪の元である毛包幹細胞に変化して、発毛を促す作用があると言われています。そのため、健康的な髪の毛を保ち、美髪の維持に貢献します。

 

その他の成分

 

10種類以上の天然系エキス

髪の毛、地肌に使うものなので、洗い心地にもこだわって作られています。

 

ファルコレックス

頭皮の臭いの元である雑菌を抑えます。

 

オーガニックオイル

アボカドやアルガンなどのオイルが配合されており、高い浸透力と保湿力で髪に栄養をキープします。

 

トコフェロール(ビタミンE)

ニキビケア成分で、洗い残しなどが原因の背中ニキビを防止します。

 

まとめ

 

アスロングの効果を成分から分析してみたところ、発毛や育毛で注目のキャピキシルやリンゴ果実培養細胞エキスなどが含まれていることが分かりました。

 

アスロングの全成分は下記の公式サイトでもチェックできるので、購入前に確認してみてはいかがでしょうか。

 

初回60%OFFモニターキャンペーン中!

アスロングの公式サイトはこちら

 

アスロング

 

>>アスロングを市販の販売店で損する前に!【※最安値の購入方法】